岡谷キャンパス行事~初冬の巻

 

こんにちは、岡谷キャンパスです。八ヶ岳や諏訪湖を渡る風もピリピリと冷たくなり、今年もあと1ヶ月弱となりましたね。こうして寒くなると、どうしても閉じこもりがちになりますが、今回は意を決して(?)岡谷キャンパスから徒歩3分ほどの場所にある『岡谷市立美術考古館』へ見学に行くことにしました。

長野県は、東京都に次いで美術館・博物館の数が多く、中でも諏訪湖周辺には16の美術館・博物館に加え、多くの文化財・文化施設があります。今回訪問した岡谷美術考古館は11月3日にリニューアルオープンしたばかりで、縄文土器から現代絵画まで多岐に渡って展示されており、美術と考古の双方の魅力が詰まっています。

今回は特別展として、昭和期に活躍した洋画家『小磯良平』の版画展を開催していました。この小磯良平氏は、肖像画でも特に群像を多く手掛けたことで知られ、抜群の描写力と典雅な色彩で描いた人物、とりわけ女性像に定評があります。

 写真撮影ができないため、ここで紹介できないのが残念ですが、日本髪の女性の姿や少女など、やわらかいタッチで描かれていました。、またエッチングの手法が紹介され、版画とは思えない技術の高さに驚きました。

 

今回行った美術考古館の近くには、前に紹介した旧・林家や、童画家「武井武雄」の作品を展示した『イルフ童画館』もあり、通りは『童画館通り』と呼ばれ、至るところに童画をアレンジした可愛らしい街灯や看板が目に付きます。    

 

 

 

 

 

 

今回は短時間で鑑賞しましたが、冬のやわらかな日差しの中でゆっくり時間を過ごすには素敵な場所です。時間のあるときには、こうした美術館巡りをしてみてはいかがでしょうか?

…以上、岡谷キャンパスからの報告でした♪

岡谷キャンパス行事~ほっこり秋の巻

 

こんにちは~岡谷キャンパスです♪11月も中旬を過ぎ、寒くなりました。ここ岡谷キャンパスから見える八ヶ岳は、先週くらいから白い雪が覆い始め、前回お伝えした諏訪湖の木々は、今では紅葉から落ち葉へと移ろいを見せています。

こんな寒くなる季節は身の回りにはホッとして暖かくなるようなものが置きたくなります。今回、ここで紹介するパッチワーク講座は、そんな「持っていてホッとして暖かくなるような小物作り」をコンセプトに、ティッシュカバーを制作しました♪

色も暖色系で「クリスマス」や「不思議の国のアリス」など物語を意識して、身につけると暖かくウキウキした気持ちになるデザインを考えました。前にチャレンジしたブックカバー作りに比べて、小物ではありますが、裏面にはハートの模様を施したり、一針一針がそのままデザイントなるので気が抜けません!

 

 

 

 

 

そして、恒例となった(?)講師の先生によるおもてなし料理は、今回は「あずき入り玄米ごはん」による根菜カレーでした!!こちらもこの講座の楽しみのひとつです(^o^)

 

美味しい料理の後は、さらにパワーアップして縫うスピードも上がり、ティッシュカバーが完成!! またひとつ、素敵な手作り小物が増えました♪ほんの少しですが、寒い冬が暖かくなりそうです。 

・・・以上、岡谷キャンパスでした!

岡谷キャンパス行事~晩秋の巻

こんにちは、岡谷キャンパスです。11月に入り寒い日が多くなってきましたね。岡谷キャンパスのある長野県岡谷市は、紅葉の見頃を迎えています。さて、前回までのキャンパス行事では「芸術,読書+食欲の秋」をお送りしましたが、今回は「スポーツの秋」と題して、諏訪湖畔ウォーキングの様子をお届けしたいと思います。

去る10月27日(日)には、同コースで毎年恒例の「諏訪湖マラソン」が開催され、約8,000人ほどのランナーが諏訪湖畔を駆け抜けました。今年のゲストランナーとして、お笑いタレントの「にしおかすみこ」さんが参加され、年齢別では9位に入賞したそうです!またこのマラソン大会は、仮装をして参加するランナーも多く、さらに沿道では御諏訪太鼓などでの応援や、ランナーへのさまざまな差し入れなどが振舞われるなど、お祭りのような楽しさもあり応援に行くだけでも楽しいイベントとなっています。

そんな大会の影響を受け「いつかは、諏訪湖マラソンへの参加!」を目指し、その第一歩として諏訪湖畔ウォーキングへと出かけました。岡谷キャンパスから諏訪湖畔までは徒歩で10分ほどの場所にあります。現在、諏訪湖畔のジョギングコースは普通の道路やサイクリングロードのようなアスファルトやコンクリート舗装ではなく、「アスファルト舗装に弾性のあるゴムチップ加工を施した舗装」になっていて、足や腰への負担が少なくとても走りやすいコースになっています。

ジョギングコースには、ところどころに公園などの憩いのスペースがあり、モニュメントやデザインの凝ったベンチなども設置されて、とてもおしゃれです。諏訪湖畔には、ナナカマドやイチョウ・ケヤキ・サクラなどの赤や黄色に染まった木々が多く、とても色鮮やかです。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、30分程度のゆっくりとしたウォーキング…散歩程度でしたが、これからは少しずつ距離を伸ばしながら、いつかは諏訪湖マラソンにチャレンジできる日を目指したいと思います。もし興味をもたれる方がありましたら、岡谷キャンパスに連絡くださいね。そして是非、一緒にウォーキングを楽しみましょう!

…以上、岡谷キャンパスでした♪

岡谷キャンパス行事~読書(+食欲)の秋の巻

 

こんにちは!岡谷キャンパスです!!このところ急に寒くなりましたが、風邪などひいていませんか?

さて、前回は「芸術の秋」ということで、とんぼ玉作りに挑戦しましたが、今回は「読書の秋」を、より深めることができそうな、パッチワークによるブックカバー制作をお伝えします。

実はこのブックカバー、月一回の予定で、すでに5回ほど取り組んできました。パッチワークの作品は、型紙を作るところから始め、布選び・裁断から、縫い・アイロン…と、細かい一つ一つの作業を経て完成されます。

今回、パッチワークはほとんどみな初めてでしたが、根気よく一針一針縫い、全員完成しました。

 

 

 

 時々は、講師の先生手作りのスコーンと紅茶の「お・も・て・な・し(合掌~)」を受けることもありました♪♪

※注…こちらがメインではありません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてできたのが、この↑↑写真です~!! 

こんな手作りのブックカバーがあると、何倍も読書が楽しめそうです。これからも、パッチワークの作品作りは続けていく予定です。また完成したら、作品を紹介しますね^^

…以上、岡谷キャンパスからお伝えしました♪

岡谷キャンパス行事~初秋の巻

 

こんにちは、岡谷キャンパスです!10月に入り、長野県・岡谷キャンパスも、涼しい風が感じられるようになりました。そんな中、「芸術の秋を満喫しよう!!」と、去る9月26日に諏訪湖畔にひときわ目立つ三角屋根のアミューズメントパーク『SUWAガラスの里美術館』に行き、現代ガラス工芸展の見学と、ガラス工芸作りに挑戦してきました。

現在展示されている作品は国内外のガラス工芸家による作品で、抽象的なものから日常で使用できる器まで、大小さまざまなガラスによる作品が展示されていました。 

 

そんな中でも、ひときわ目を引いたのがこの右⇒の作品。見る角度によって光を受けたガラスのモニュメントが、さまざまな色に変わっていく様は、形容しがたい感動を覚えました。

 作品を鑑賞した後は、工房にて「とんぼ玉作り」にチャレンジしました。主となるガラス棒を1本選び、バーナーで熱しながら溶かし、金属の棒に丸くなるように回転させながら、からめていきます。ビー玉のような丸い玉ができたら、次は細いガラス棒を溶かして模様をつけていきます。ゆっくりと、しかし形がゆがまないように金属棒を回転させ、形ができたら砂の中に入れて、待つこと30分程・・・すると、可愛らしい「とんぼ玉」ができました!!

 

この他にも、ガラスのハンコやリコーダー、万華鏡・キャンドル作り体験などもあります。さわやかな秋風の中、ガラスの美しさと、楽しさに魅せられたひとときでした。

・・・以上、岡谷キャンパスでした!!

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 10ページ中9ページ目
edit | manual